病院で発達障害の診断を受けるまで

初診当日の朝、いつも通りに遅刻しかけてバタバタする。|病院へ行く前の準備編⑤

前回からの続き。

予想外の出来事にプチパニックになり不安を抱えながらも初診の日を迎えました。

今回は家を出発するまでのお話です。

診断されるまでの話をはじめからお読みになりたい方はこちらからどうぞ。
私が病院で発達障害の検査を受けようと思った理由|きっかけ編①

段取りが悪く、時間の管理が苦手





12時に家を出る予定なのに10分前になっても準備が終わってなくて焦りました。

どうも時間の感覚がうまくつかめないんですよね・・・。

段取りもめちゃくちゃ悪いので、2時間前とかに準備始めてもいつも時間ギリギリでバタバタしてしまいます。

着る服も決まってるし化粧だってほとんどしていないのにな。

よく「今まで何してたの?」って叱られるけど、自分でもわかりません(´▽`;)

本当に何しているのだろう。
気付いたら時間が経っています。

私の愛読している発達障害に関する本にも時間の管理に関して書かれていました。

とり組むべき課題がいくつもあるにもかかわらず、ADHDの人は、どの順にどれをやるべきかを判断したり計画したりすることが苦手です。(中略)目先の業務に没頭してしまい、肝心な作業に手が回らないということもあります。
引用元:大人の発達障害 アスペルガー症候群・ADHD シーン別解決ブック

たしかに、今やらなくてもいいのに目に入ると手を付けちゃって時間がなくなることがあります。(洗濯物畳んだり)

あとは忘れ物に気付いてバタバタ。(1つとかじゃないからあっちこっち行き来する)

事前に持ち物リストと準備の順番をメモしておくといいのかもしれません。

続きます。

次の記事へ>>>初診のためにいよいよ病院へ、受付~簡単な測定をする。|はじめての診察編①

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です