病院で発達障害の診断を受けるまで

通知表と母子手帳がない上に親の同伴も出来ないので予約を断られ続ける。|病院探し編①


前回でもしかして発達障害かも?と思い病院の受診を決意するまでのきっかけ編が終わりました。

今回から病院探しについてのことを書いていこうと思います。

きっかけ編の最初からお読みになりたい方はこちらからどうぞ。
私が病院で発達障害の検査を受けようと思った理由|きっかけ編①

大人の発達障害を診てくれる医療機関は少ない






病院を探すときにまず見たのが厚労省『発達障害情報・支援センター』のサイト。

こちらのページから自分が住んでいる地域の支援センターが探せます。
全国の発達障害者支援センター一覧 | 発達障害情報・支援センター

地域の支援センターのサイトには、発達障害を診てくれる病院一覧が載っているのでそちらから病院を探すことにしました。

ここでまず驚いたのが、大人の発達障害を診てくれる病院が少ないということ。

大人の発達障害は診断がとても難しいので、明確に診断できる専門の医師が少ないのです。

そしてもう一つ問題だったのが、私が通知表を全て処分していたこと。

父親はおらず、母親とは絶縁状態なので親の協力を得ることも出来ません。

よって親の同伴も母子手帳の用意も出来ず。

発達障害は先天性の障害なので、生育歴が非常に重要になります。

そのため、小さい頃の様子が客観的にわかる資料が必要なんですよね。

自分ではどうとでも言えますから。

通知表と母子手帳なし、親の同伴も不可ということを伝えるとほとんどの病院で断られてしまいました(;_;)

まあ仕方ないんですけど・・・。

でも検査さえ受けられないのは予想外。

診断はついてもつかなくてもどっちでもいいから、今後のためにどうしても検査は受けたかったのです。

そんな中「一緒に住んでいる人の話が聞けるなら」という条件付きで、やっと予約を受け付けてくれる病院が!

家から車で1時間以上かかる病院で遠いのですが、検査などで数回通うだけだから大丈夫だろうと予約。

今まであまりにも断られ続けたので、やっと見つかった!という嬉しさで胸がいっぱいでした。

いや~、諦めなくてよかった!

続きです>>>話が違う・・・まさかの予約キャンセルで振り出しに戻る。|病院探し編②

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です