大人の発達障害(ASD+ADHD) みやのブログ

生きづらい日々だけど何とか楽しく暮らしたいと願う人間の記録

話すことが苦手なので初診用に生育歴と困りごとのメモを作る。|病院へ行く前の準備編③

前回の続き。

 

直前の電話で少し不安になりながらも、診察が2日後に迫っていたので準備を進めます。

 

病院によって多少の違いはあるとは思いますが、心療内科や精神科では初診のときに

・生育歴(今までの生い立ちやその中で気になったこと)
・今困っていること(受診を考えたきっかけ)

この2つはほぼ必ず聞かれると思っていいです。

 

私は話すのが苦手でイチから全て説明するのは難しいので、あらかじめ自分で作っていくことにしました。

 

診察時間も短縮できるし伝え漏れも防げるので、今から受診を考えている方は簡単にでもメモを作っていくのをおすすめします。

 

私は初めて心療内科にかかったとき、何を聞かれるのか知らなかったので時間もかかったし時系列がめちゃくちゃになったり意味が分からなくなったりで大変でした(´ `;)

 

今回の記事では私が実際に作っていったメモの一部も公開するので、「初診で何を聞かれるの?」「初めての精神科、怖いな~」と不安になっている方の参考になると幸いです。

 

診断されるまでの話をはじめからお読みになりたい方はこちらからどうぞ。

私が病院で発達障害の検査を受けようと思った理由|きっかけ編①

 

精神科や心療内科での診察、何を話す?

f:id:sd_marisuke:20180319113707j:plain

f:id:sd_marisuke:20180319113710j:plain

f:id:sd_marisuke:20180319113714j:plain

f:id:sd_marisuke:20180319113717j:plain

生育歴をイチから全て話すと1時間以上かかることもあります。(人生のすべてを話すのですから当然ですね)

 

なのでメモを作成。

 

文章ソフト(MicrosoftのWordとか)を使ってパソコンで作りました。

 

内容がわかればいいので形式はメモ帳でも手書きでも何でもいいと思います。

 

生育歴の具体例

▼内容の例として私が提出した生育歴の一部を公開します。

【~保育園】
・物心ついた頃には父親がおらず母子家庭。
・弟が2人いる。
・祖母がほとんど世話をしていた。
・相手の子にケガをさせたりトラブルになり保育園を退園になる。(記憶なし、母談)


【幼稚園】
・女の子と遊ぶのが苦手で男子とばかり遊んでいた。(ままごとや折り紙、お絵かきが苦手なのと泣かせてしまうため)
・他の子とよく揉めてしまうが、なぜ相手を怒らせたり泣かせた理由がわからず謝れなかったのでよく先生に叱られた。 
・負けず嫌いで負けると癇癪を起こして手が付けられなくなるか、勝つまでしつこくやる。
・教室を間違えたり靴のまま教室に入ってしまうことが多くてよく注意されていた。

【小学校】
・成績は優秀だが提出物や宿題を出さない。
・忘れ物、無くし物が多くランドセルごと忘れてしまうことも多々。
・好き嫌いが激しく給食がほとんど食べられなかった。
・相変わらず女子が苦手で男子としか遊べない。
・親が再婚。
・高学年のときに転校、そして場面緘黙症になる。

だいぶ端折っていますがこんな感じで節目ごとに分けて今現在まで書きました。

 

ぱっと見て読みやすいように箇条書きがおすすめです。

 

精神疾患は家庭環境が大きく関わっていることが多いので家族、特に親との関りで気になったことがあればしっかりと書きましょう。

 

また、発達障害を疑っているなら特徴が出ていることが多いので「成績」「人付き合い」に関しては絶対入れた方がいいです。

 

困りごと、気になっていることのメモ

続いて困りごとや自覚している症状のについて。

 

病院ではこちらから言わないときちんと聞いてもらえないこともあるので忘れないようにメモを作っていくと安心です。

 

▼私の困りごとの一例です。同じような症状の方もいるかと思いますので少し長めに載せました。

【コミュニケーション】
・悪気はないが相手を怒らせたり、人と衝突することが多い。
・曖昧な表現や言い方をされると混乱する。
・話を聞くのが苦手で職場のミーティングでも途中で席を立ってしまう。
・作業を途中で中断させられると切り替えられずにイライラしたり露骨に態度に出てしまう。
・相手の言っていること自体はわかるが、言外の意味を理解していないのでとんちんかんな答えを返してしまうことがある。(相手に「だから~、」と質問を繰り返されることがたびたびある)
・雑談が苦手(特に女性との)
・友人関係が続けられない。
・誰かと仲良くなろうという気持ちがそもそも沸かない。
・相手の情報を覚えられないので会話がちぐはぐになる。
・話すのが苦手で自分でも何を言っているのかわからなくなる。
・自分の気持ち・考えていることを伝えるのが苦手で言葉が出なくなる。
・文章を書くのは好き。

【体調不良】
・外出したりして刺激を多く受けた日は涙が止まらなくなりパニックを起こす。
・眩しくて頭痛がすることがある。
・他の人のにおいで吐き気が止まらないことがある。(香水や体臭など)
・天気が悪い日は動けないことが多い。
・電池が切れたように突然無表情になって動きが鈍くなり、話しかけられても反応出来ないことがある。
・嫌な記憶が急に頭の中で蘇りパニックを起こして苦しい。
・疲れやすくてすぐに寝込む。
・同じものを食べ続けて体調を壊す。
・気分の上下が激しく安定しない。

【生活・性格】
・時間の管理が苦手で遅刻したりバタバタすることが多い。
・集中すると食事やトイレを忘れて熱中し、日が暮れて家の中が暗くなっているのも気付かないで何時間でも作業を続け、集中しすぎた後はぼーっとして何もできなくなる。
・急な予定変更が苦手。
・切り替えが苦手で、気になることがあるとそのことが頭を離れず他のことが出来なかったり頭痛がする。
・こだわりが強いと言われるが、何のことを言われているのかはわからない。
・金銭管理が苦手。

【その他】
・数字に関することが苦手で自分の電話番号がなかなか覚えられない。(年齢もよくわからなくなる)
・暗算が苦手。
・小さな頃から料理をしているがレシピが覚えられず未だにレシピを見ながらでないと作れない。
・デジタル時計が苦手。
・電話が苦手で相手の言っていることがすぐに抜けていく、周りに他の音がする環境だと相手の言っていることが聞き取れない。
・地図がうまく読めないので事前に目的地までの行き方を文章に起こしてから出発する。(「○番目の左」など)
・とても飽きっぽい
・叱られているときなど強いストレスがかかると目の前にいる相手がだんだん遠くに離れていき、最終的に50m先にいるかのように小さく見える。

これも生育歴と同じで箇条書きにしました。

 

実際は生育歴と合わせてA4用紙4枚分です。

 

少し大変ですが、一度作っておくと転院したときにも同じのが使えるので便利ですよ。(紹介状があってもまた聞かれることが多いので)

 

生育歴をつくるときに嫌でも自分の人生を振り返ることになるのでしたが、「私の人生こんなだったか?」と落ち込みました。

 

まるで他人の人生を見てるよう・・・。

 

衝撃のあったこと以外は無意識に思い出さないようにしていたみたいです(^^;)

 

精神ごりごり削られたのでもっと早く作ればよかった。

 

なるべく元気なときに作りましょ。

 

さて、メモの作成も終わったし準備OK。

 

次の記事へ>>>初診前日の準備中、予想外の出来事にプチパニック。|病院へ行く前の準備編④