大人の発達障害(ASD+ADHD) みやのブログ

生きづらい日々だけど何とか楽しく暮らしたいと願う人間の記録

人生初、脳のCT検査(画像診断)を受ける。|結果と面談編②

前回の続き。

 

行きたくないとジタバタするも結果を聞かにゃいかんのでしぶしぶ病院へ。

 

診察の前に念のためと脳のCTを撮りました。

 

今回はそのときのお話です。

 

診断されるまでの話をはじめからお読みになりたい方はこちらからどうぞ。

私が病院で発達障害の検査を受けようと思った理由|きっかけ編①

 

頭部CTの気になる料金とあれこれ

発達障害の検査のために脳CTを受ける

脳CT検査中お腹にピンクのスカートみたいなものを巻かれてじっとするうさぎ

脳CT検査が終わり緊張から解かれほっとするうさぎと声をかける検査技師

脳CT検査中じっと動かなかったことを褒める検査技師と喜ぶうさぎ

診察の前に頭部CT検査を受けて脳や神経に先天性の異常や重大な疾患がないかを調べます。

 

生まれて初めて受ける検査だったので緊張していたのですが検査技師の方がとても優しい方で助かりました。

 

撮影のときはベッドみたいな検査台に寝た状態で筒の中に入って検査を行います。

 

検査中はただ横たわっているだけ。

 

「絶対動かないで」と言われて緊張しました。

 

でも2、3分くらいですぐに終わったような気がします。

 

頭部は比較的早く終わるみたいですね。撮影する器官によっては20分くらいかかるみたい。

 

検査が終わると緊張が解けほっと一息。

 

「動かないでくれたから早く終わったよ~!」
「いや~、全く動かなかったね!えらいね!」

 

と検査技師の方がやたら褒めてくれたので気分良かったです。笑

 

その後技師の方が画像チェックするまで部屋の外で待機していたのですが、途中部屋からバッ!と出てきて

「お酒いっぱい飲んだりする!?」

と聞かれ。

 

「いや、缶チューハイ1本を月1回飲むか飲まないかくらいです。」

と答えると

「あ、そう・・・」

とひと言残しまた部屋に入っていきました。

 

いやいやいや、何だったの!笑

 

また、待合室に戻る途中にも

「たまにさ、口大きく開けるときアゴがガクッってなったり、アゴ痛くなったりしない?」

と聞かれ。

「あ、そうですね。よくなりますね~」

と答えると「ああ、やっぱりね・・・」とのお返事。

 

気になる。笑

顎関節症かしら。

 

そういうのまでわかるんですかね~。

 

結果は診察のときに先生に聞くよう言われました。何事もありませんように。

 

ちなみにCTの料金ですが、明細書で見ると

・コンピューター断層診断料450点
・電子画像管理加算120点
・CT撮影 16列以上64列未満マルチスライス型機器頭部 900点

と書かれていて合計で1480点。

保険が効いて3割負担なので4410円でした。(1点10円)

 

胸部や腹部など、撮影する場所によって変わるようですが、調べるとCT検査は大体6000円前後のようです。

 

高いですが大事な検査なので仕方ないですね・・・。

 

続いて診察のときの話です。
 

次の記事へ>>>いよいよ最後の診察へ、脳CTと血液検査の結果。|結果と面談編③